福島とAIMSの関わり

なぜ福島から

3.11 東日本大震災と福島第一原子力発電所事故

震災の後遺症に加え、コロナ禍の影響による生活様式の変化により、深刻化するstressの問題に福島は直面している。とくに、東日本大震災の発生以降、要介護(要支援)認定者や内臓脂肪症、メタボリックシンドローム該当者が急増している。県民の健康状態の悪化も認められているのである。

※5 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群):内臓脂肪による肥満の人が、糖尿病、高血圧、脂質 24 異常症等の生活習慣病になる危険因子を複数併せ持っている状態のこと。  

(引用元) https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/life/317084_768983_misc.pdf

震災関連死の死者数の推移

原発事故により、余儀なく避難生活を強いられた福島県民が多く発生。いかにもすぐに住めそうな感じがする自宅に、実際には住むことができない状況に晒された。福島の被災地では、故郷に帰ることができそうでできない、そうしたあいまいな状況が長く続き、この長期的な、あいまいな喪失状況が避難住民に様々な葛藤や心の問題、意見の対立を生んできた。震災関連死の死者の中には、自殺者も含まれている。福島県だけが震災初年度以降に自殺が増え、現在でも決して著しく減ったという事ではない。

 (引用元)https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/444935.html

日本全体からみた福島県の健康状態

◆心理的なストレス:ワースト1位「福島県」

活気や不安、抑うつ等を指標とする心理的なストレスの状態が良い都道府県でワースト1位 

◆身体的な不調:下らから3位「福島県」

めまいや腰痛、肩こりといった身体的な不調に関し、下から3位が福島県。

◆心身の健康:下から2位「福島県」

心理的なストレスの状態と身体的な不調を総合した心身の健康状態が良い都道府県として、下から2位が「福島県」。その人が高ストレス者であるかどうかは、心身の健康状態から判定されるものであり、心身の健康状態が悪い都道府県ほど高ストレス者の比率は高いという結果になっている。

(引用元)https://www.peacemind.co.jp/newsrelease/archives/268

なぜ私たち(AIMS)ができるのか

独自のサービス提供が可能

AiStress -電子瞳孔計

ウェルビーイングを実現するAIテクノロジー。電子瞳孔計でメンタルヘルスを数値化

メンタルヘルス可視化システムを先端企業各社及び産官学と連携する事で実用化。瞳孔の動きや反応からストレス値を検出し、可視化したデータを基にパーソナライズされた行動変容を促すサービスを展開し、未病領域における革新的なソリューションを創出する。

AiStressの概要

メンタルヘルス可視化システム「 AiStress 」は、「メンタルサポートを必要とするタイ ミングを適切に知ることで、重症化を防ぐ・未然に防ぐ」というコンセプトで電子瞳孔計 によるメンタル状態可視化ツールを研究開発を行っている。AI技術を活用することにより 統計値による判断ではなく、パーソナライズされた状態表示とソリューションの提供が可 能となる。

「福島」への情熱がある

AIMSは「生まれも育ちも福島」のメンバーや、福島復興に強い想いを持ち移住してきたメンバーもいる。福島への情熱がある、福島が好きな集団である。福島をもっと盛り上げたいというシンプルな想いだ。福島の自治体の方、地元企業様、福島にお住まいのみなさんと、AIMSのソリューション”AiStress”で「福島の復興」に共にチャレンジをしていく。

田村市との二人三脚

AIMSの福島での事業は、田村市とともに「復興に向けた取組み」を行っていく。田村市と強力な連携を図り、二人三脚の体制をとりながら福島の復興を目指していく。

福島のみなさんに健幸を届けたい

全国初となる未病特区地域開発をまずは田村市からチャレンジをしていく。
田村市から福島県へ、福島県から日本へ、日本から世界へ発信する。
東日本大震災や福島第一原子力発電所事故という大きなダメージとショックを受けた福島だからこそ、AIMSのAistressで、福島のみなさんに「その先の未来の健幸」を届ける。福島のみなさんが「健幸」を掴んだ姿を日本や世界に魅せていくことが、福島の新たなブランドになる。

TOP