HR

従業員体験はどのように高めれば良いのか?

従業員体験とは何か
従業員体験とは、従業員が働く上で得られる経験の質のことであり
「環境」「カルチャー」「ツール」の3つがある。
例えば、離職率低下や採用率アップ、ロイヤリティ上における売上利益率アップ等の効果がある。
この3つの要素を理解し、それぞれの質を高めていく事が経営戦略で重要になる。

【従業員体験を高める3つの基本要素】

1.従業員をマップ化し疑似体験する

最初に、従業員が働く上でどのような環境にいると認識しているか、その体験から理解していこう。
カスタマーの体験を理解する手法として、カスタマージャーニーマップというものがある。
今回の対象は従業員だ。彼らがいつどのタイミングで何に対し痛みを感じているのか、
彼らの置かれている環境をマップ化して疑似体験することで従業員を深く理解していく・・・
これがジャーニーマッピングである。その体験は、十人十色であり、
個々人の体験がエンゲージメントやモチベーション、チームワーク、そして生産性に影響を与えていく。

2.企業のカルチャーを育み、社内結束性を高める

次に企業のカルチャーを育んでいく。社内コミュニケーションとフィードバックを増やし、
従業員の成長に投資していく。ダイバーシティや電話、インターネットなどの
長距離コミュニケーションが増えていく中、社内の結束性を高めることは非常に重要だ。
しかし、企業が育っていくためには内部の独りよがりではなく、社会との接点となる
カスタマーからのフィードバックが必要不可欠である。コミュニティとして、
そこでの目的意識が芽生えたとき、生産性が上がり、従業員一人一人が会社という
ブランドを体現していくことになる。

人は「安定していたい」「変わりたくない」と思う半面、
「成長したい」「明日は今日よりもっとよくなりたい」という欲求も同時に持っている。
これは企業の成長と相関する部分であり、企業に対するする従業員のロイヤリティを
高めたいと考えるのであれば、彼ら自身のキャリアアップのためのトレーニングを
とりいれることが必要だ。トレーニングは単純な知識面のものだけでなく、
従業員が精神的や肉体的にも充実感を得られるコンテンツを提供するのが好ましい。

3.ツールの提供

最後にツールの提供である。労働環境やカルチャーを充分に考慮した上で、
不満やイライラの原因となる部分を減らし、ストレスなく業務が出来るツールを提供しよう。
たとえば、コミュニケーションツールであるPCやスマホ、RPAなどだ。

戦略的な投資

以上3つが従業員体験の基本要素となり「環境」「カルチャー」「ツール」の
どこに問題があるのか、どこを効果的に高めて行くべきなのかを考える。
そして、会社の成長フェーズに合わせて戦略的な投資を行っていく必要がある。

企業の成長の足かせ・抑止力となっている部分はどこか

1番の問題として「従業員体験」というのものが福利厚生という人事のコストの1項目として
扱われてしまっている点がある。離職理由に人間関係や職場環境が上位を占める中、
なぜ従業員体験の部分が単なるコストとして扱われてしまっているのか。
そこをおざなりとすることで実際にどれだけの機会損失とコストが発生しているのか。
まずは「企業の成長の足かせ、抑止力となっている部分はどこか」に着目するべきだ。

 

 

 

 

 

 ※1

物事を長期的な目線でみることダイエットでよく見られるが、運動をすればするほどお腹も空き、
結局その分食べてしまい痩せられない。その結果、近年ではダイエットは食事管理が9割と
いわれるほどだ。また、水泳でもより速く泳ごうとするより、水の抵抗を受けない泳ぎ方に
集中した方が、結果として早く泳げることが証明されている。

好きな言葉で「急がば回れ」ということわざがある。
上記の例も踏まえて、物事を長期的な視点でみることが企業の健幸にも繋がっていくだろう。

 

※1 https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2012/17/news125.html

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP